【DOUBLE DUTCH LIFE BLOG】プロダブルダッチプレイヤー Ryo-chin from alttype

ダブルダッチのギネス世界記録を保持するプロダブルダッチチームalttype(オルトタイプ)に所属するRyo-chinのブログ

double dutch
(ダブルダッチとは)

2本のロープ(縄)を使った縄跳びです。そのロープの中でアクロバティックな動きやダンスをします。

百聞は一見に如かず。

まず僕らのダブルダッチパフォーマンスを観てみてください

キッズチームのダブルダッチパフォーマンスもあります

このチーム(CL UNITED)は僕のチームメイトであるalttypeのHKRがコーチをしているチームです。2〜3年でここまでのパフォーマンスができるようになります。もちろん努力は必要です。

スーパー縄跳び「ダブルダッチ」

見てもらうと感じると思いますが、かっこ良いです。本気でやればとてもかっこ良くなれます。そしてハードなスポーツです。縄跳びは全身運動だと言いますが、それがさらにレベルアップされたような感覚です。わかりやすい言葉で言えば、スーパー縄跳びと言ったらいいでしょうか。

ダブルダッチの歴史

以下は日本ダブルダッチ協会(JDDA)のホームページからの引用です。

ダブルダッチは、300年以上前ハドソン川のほとりのニュー・アムステルダム(現在のニューヨーク)に入植したオランダ人によってアメリカに持ち込まれたなわとびです。ダブルダッチという言葉は、オランダ人が複雑でおかしなことをした時に、それを指して言うイギリス人の俗語で、イギリス人がこのゲームにダブルダッチという名をつけました。
家の前の狭い道路でも、わずか2本の物干しロープがあれば出来ることから、当時、子ども達の間に広まっていきましたが、交通が激しくなり遊びも豊富になった1950年代の終わり頃から、ダブルダッチはすたれ、忘れられてしまいました。
1973年、ニューヨーク市警の2人の警察官がダブルダッチを楽しむ女の子達の姿にヒントを得て、スラム街で急増する少年・少女の非行に歯止めをかけるため、ルールを作り、新しいスポーツとして再生し、普及活動が始まりました。翌74年に「第1回ダブルダッチ・トーナメント」が開催され、現在では全米で人気のスポーツのひとつとなり、若者、子ども達を中心に世界に広がっています。

せっかくダブルダッチをやるのであれば、歴史についても少し知っておいて損はありません。僕も全てを知っているわけではありませんが、おそらくダブルダッチの発展してきた歴史にもダブルダッチの良さがたくさん詰まっています。ぜひ興味のある方は歴史についてもいろいろ調べてみて下さい。

ダブルダッチは最強のチームスポーツ

ダブルダッチの特徴として、一番のポイントだと思うのが「チームスポーツである」ことです。1人ではもちろんできません。最低3人の仲間がいないとできないスポーツです。

動画を見るとわかりますが、跳んでいる人(ジャンパー)と回している人(ターナー)は交代します。そして、やりはじめの方は特にですが、ジャンパーの方が目立つし楽しいです。でも跳びたければ誰かに回してもらわなければいけません。自然と仲間とコミュニケーションをとり、回してもらうことで跳べる環境・誰かのために回す環境ができあがります。

本格的にパフォーマンスに取り組みはじめると、パフォーマンスと合わせる音楽を選んだり、その音楽に合わせた構成や技を考える必要があります。そうなるとさらにチーム間でのコミュニケーションが活発になります。

ここが特に他のスポーツとの違いになりますが、基本的にダブルダッチのチームには補欠がいません。メンバー同士で不得意なことを補い合い、足りない所を高め合ってチームを成長させていきます。アクロバットが得意ならそこを伸ばしながら、メンバーにアクロバットを教えてあげる。ダンスが得意でも同じです。世界一になるようなチームもそうやって成長してきました。

こういったチーム活動を通して、思いやりや協調性を身につけることができるのがダブルダッチの素晴らしいところです。もちろんケンカやもめ事はたくさんあります。でもそこに真面目に向き合えばそれがさらにチームとメンバー、自分自身を成長させます。

ロープ2本だけで楽しめる

ダブルダッチをするのに必要なものは2本のロープだけです。市販されているものですと、だいたい2本セットで1600〜2500円です。写真は僕のオススメのダブルダッチロープ「DD-ROPE」。特徴はなんといってもカラフルさです。お好みの色でダブルダッチをしてください。

image

このロープ以外にもいくつかダブルダッチ用のロープが販売されていますので、始めようと思う方はいろいろと調べてみてください。

先ほども言ったようにダブルダッチはチームスポーツです。本格的にチーム活動をはじめると、ロープ以外にも大会への出演費・移動費・衣装代などもかかってきます。ですが、仲間と切磋琢磨すること、パフォーマンスをステージ上で行うこと、好成績を狙って大会に挑戦すること、などはお金には変えられない本当に貴重な経験だと思います。

何はともあれ一度体験を

やってみるのが一番です。僕も実際に体験するまではそんなに楽しいものだと思っていませんでした。興味がある方は一度ダブルダッチを体験してみてください。上手な方にロープを回してもらえば、中で跳ぶことは以外と簡単です。ロープを回す方が実は難しいんです。それでも1〜2ヶ月必死で練習すればある程度回せるようにはなると思います。

alttypeのダブルダッチレッスンもありますよ

僕が所属するalttypeのメンバーもそれぞれレッスンを行っています。レッスンの詳細はOfficial WebSiteをチェックしてください。

www.alttype.jp/lesson/

My Instagram @ryota_alttype

My Instagram @ryota_alttype

公開日:
最終更新日:2016/02/13